保管場所に注意

保管場所に注意

保管場所に注意 闘病などで脱毛した頭皮に悩む方が使用するものに医療用ウィッグがあります。医療用ウィッグは皮膚刺激や有害物質の検出、耐久性など細やかな部分までのチェックを通った安全性の高いかつらです。多くの人がこれを使用することでこころの安らぎを得ることができます。
使用していない期間にはしっかりと保管をしておく必要があります。型崩れや変色、劣化などを防ぐことにつながるからです。狭い場所に押し込むことや折りたたむなどをすると型崩れが起こりやすいです。また、湿度の高い場所に置いておくことで雑菌が繁殖してしまうこともあるので、風通しの良い場所に保管することが大切です。ブラッシングをしてほこりを取り、専用のネットを被せたうえでウィッグスタンドに乗せるか、購入時に入っていた箱に入れるのも良い方法です。その際には新聞紙などを頭の形に丸めて内側に入れると型崩れしにくくなります。そして定期的にほこりを取ることや風通しをすることでより長持ちします。

医療用ウィッグの蒸れを予防し快適に

医療用ウィッグの蒸れを予防し快適に 医療用ウィッグの着用時は蒸れてしまいがちです。特に夏の時期は暑さだけでなく汗もかきがちなため不快感があります。汗をかいた状態の頭皮を放置しておくと、雑菌の繁殖や毛穴のつまりなどが発生する可能性があり、頭皮環境が悪化の一途です。痒みだけでおさまらずに頭皮を傷つけることにつながります。
また、ウィッグを手入れもせずに放置しているとウィッグ内で細菌が繁殖してしまい悪臭を放つようになるなど問題が起きやすい状態です。予防するためには、医療用ウィッグを選ぶ段階で蒸れにくいものを選びます。頭部に汗をかきやすい体質が分かっている場合には、フルウィッグではなく、部分ウィッグなどを選ぶ方法があります。吸湿機能のあるものをウィッグと頭皮の間に挟むようにする方法も一つの方法です。挟むことによりボリュームがでてしまうため、髪型のアレンジが必要になりますが、ガーゼを小さく切ったものや使い捨ての汗わきパッドなどの汗取り商品などを使って対策できます。