人毛の医療用ウィッグ

人毛の医療用ウィッグ

人毛の医療用ウィッグ 医療用ウィッグは脱毛症や抗がん剤治療で抜けてしまった自分の毛の代わりに利用します。
出来る限り自分の毛に馴染むものを希望する人も多く、多くの人が医療用ウィッグとして選ぶときには人毛タイプを選びます。
人毛は人の髪の毛が利用されていて見た目も手触りも自然です。
自分の髪の毛と馴染みやすく、パーマやカラーなども自分の髪の毛と一緒にすることができるため、オシャレ度もアップします。
化学物質も含まれていないため肌が弱くても安心して使うことができます。
人の毛を使っているため枝毛などができやすく、シャンプーやお手入れなどが必要です。
人毛は乾燥しやすくオイルなどを使ってコーディングをすると長持ちすることができます。
ウィッグにもよりますが、1年程度で紫外線などで変色してしまうこともあります。
変色が気になるときには染色を直すことも必要です。
洗った後人工毛よりも渇きが遅く大量生産が難しいため人工毛よりも値段が高めです。

化学的な髪の毛を使った医療用ウィッグ

化学的な髪の毛を使った医療用ウィッグ 医療用ウィッグは円形脱毛症や抗がん剤治療などによって脱毛症を起こしてしまった人向けのウィッグ(かつら)です。
医療用ウィッグの髪の毛の種類としては人毛と化学的な物質で作られた人工毛の2種類があり、それぞれ人毛100%、人工毛100%、両方をミックスしたものの3種類があります。

人工毛の特徴としては、人毛とは異なり形状安定性に優れているため着用してもスタイルの持続性が高くカールも長持ちするといったメリットがあります。
また耐熱性に優れた人工毛ではカールもヘアアイロンを使うことで蒔き直しができますし、またストレートアイロンを使えば伸ばすことができるなど人毛にはない使い勝手の良さがあります。
一方で人工毛で作られたウィッグのデメリットとしては、化学的な髪の毛であるためパーマやカラーリングといったことが出来ないことです。
また髪質からチラつきやすいといったことがあります。
このため自然の髪の毛とは性質が異なるといったことを理解しておく必要があります。