ウィッグの付け方のコツ

ウィッグの付け方のコツ

ウィッグの付け方のコツ ガンなどで髪の毛が薄くなる、抜ける、手術で剃らなければいけない、こういった時に役立つのが医療用ウィッグです。ただ一般のウィッグと少し異なっている部分があるので、付け方のコツを知っておくと見た目に違和感がなくかぶれるようになります。まずはウィッグを付ける前に下地としてウィッグネットをつけると、ズレの防止や地毛をまとめることが可能です。

この時も通常のウィッグネットではなく、医療用向けのネットを選ぶと肌触りや吸汗性、通気性に優れているので不快感がなく、ストレスフリーで考えることが必要です。ウィッグネットの中にしっかりと地毛をまとめて首まですっぽりとかぶり、地毛の生え際に合わせて頭を包み込むようにしてネットを持ち上げて、高さを均等にします。下準備ができたところで医療用ウィッグを前からかぶっていき、前髪の生え際で押さえて、後ろの襟足部分まで引っ張りはぶります。こうするとずれることなく、見た目も綺麗に付けることができます。

医療用ウィッグは付け方が自然なものを選択しよう

医療用ウィッグは付け方が自然なものを選択しよう 毎日使用する医療用ウィッグだからこそ付け方は自然なものを選んでください。合わないものはウィッグが浮いた感覚になりますし、頭皮が疲れてしまいます。圧迫感のあるものは頭皮の血行不良を促進し、薄毛の原因となるので注意してください。なるべく通気性がよくて蒸れにくいもの、付け方が簡単なものを選びましょう。付けるのに時間がかかるものは、頭皮・髪に負担を与えてしまいます。手軽に着脱できるのが好ましいので、試着できる医療用ウィッグから選ぶのがおすすめです。

付けるのが大変なものだと、急いでいるときに焦ってしまうでしょう。つむじ・もみあげなどの部位がズレてしまうと、医療用ウィッグだとバレてしまう可能性があります。自分では完璧に付けていると思っても、周りから見ると違和感ありありというケースは少なくありません。だからこそ医療用ウィッグは付けやすいもの、通気性がよいものを選ぶことが大切になります。快適なものは価格が高くなりますが、ウィッグは快適性に勝るものはありません。